現在のカテゴリ:日帰り・縦走軽登山靴

モンチュラ ヤル テクノ GTX メンズ&レディース  アプローチ靴

yaru1aa.jpg

イタリアの人気ウェアブランド「モンチュラ」からついに「フットウェア」が発売されました。ウェアブランドが靴を作る場合、製造委託が多いのですが、独自のブランド感にこだわるモンチュラは、模倣ではなく一から創りあげました! とにかく軽く、フィット感が良い!それが足を入れた時の感想です。この「ヤル テクノ GTX」はミッドカットのアプローチシューズになります。名前の通りクライミングのアプローチに使ったり、日帰り登山や、担ぐ荷物の少ない登山に最適です。本格的なトレランではないけど、少しハイペースで歩きたい!と言う方にも最適です。本格登山靴ではないので、登山靴に比べると、ソールの厚みや溝の深さは浅くなります。湿地帯や落ち葉の多い場所では滑りやすくなります。

重量:メンズ474g レディース390g ソール張替可能

yaru4.JPG

xvg2.JPG
52fgbfv.JPG
h54h.JPGnb6df.JPG
plkj1462.JPGpaz441.JPG

足を入れる部分は、左右非対称で足に巻き付けるように履きます。タン部分の当たりもソフトで、タンが左右にズレることも有りません。
qg99.JPGygvb.JPG

重さは本当に軽いです!カタログ表記と違う事が良くあるのですが、正確です。
vgc5.JPGujncb55.JPG

付属パーツで、厚みの違うインソールと色違いの替え紐が付いています。厚みの違うインソールは、履き心地の微調整や、「足裏感覚」を必要とする岩場では薄く、「クッション」を必要とする縦走では厚く、と言う感じで使い分けてく下さい。
222dc2d6.JPGnn44h9.JPG

ソールは、指関節でしっかり曲がります。
vdbfnbnn.JPG

ローバー バンテージGTX WXL メンズ&レディース

i7i7y8.JPG

登山靴の生産において最も品質・技術・信頼度が高いヨーロッパ。ドイツの90年以上歴史のある老舗ブランド「ローバー」「100%ヨーロッパ」を掲げ、すべての工程をヨーロッパで行っています。大量生産の中国製とは違い、高品質にこだわった登山靴です。

ヨーロッパ生産でも、ヨーロッパ向けの靴ではありません「バンテージGTX WXL」はWXLラストと言う日本人向けの幅広甲高の木型を使っています。足入れが楽で幅も楽です。靴底も指関節で適度にしなるため非常に歩きやすいです。日帰り登山から、春夏の山小屋泊に大活躍します!!
ゴアテックス使用で防水も安心です。

hhgh5457.JPG

uyyyyyyyyyh.JPG

222x5s.JPGo4a.JPG

ソールは交換可能でグリップ・耐久性に優れたビブラムソール。8tl.JPG

つま先には、足場の狭い場所でもつま先を掛けやすい、コンタクトゾーンを配置しています。
12zzza.JPG

タング部分は「Xレーシング」と言うシステムが採用され、歩行時にタングが中央からズレないように工夫されています。中央の金具にX字にかけることで固定します。
1gggidi.JPG2jjko.JPG3nnovi.JPG4jlpy.JPG


スカルパ  キネシスMF(男性) ミトスMF(女性)

IMGP0063%5B1%5Daa.jpg
登山靴専門メーカー「スカルパ」から日本オリジナル企画、日本人向き!日本の山向き!の軽登山靴が登場しました。国内の輸入代理店が、山小屋で泊まり岩稜帯登山をコンパクト日程で楽しむ、日本独特の登山スタイルの為に開発した日本市場専用の靴です。スカルパの靴の中でも一番の幅広甲高モデルで、足入れがすごく楽です。紐を締めた時のフィット感が抜群に良く、幅広甲高モデルだから緩い!と言うことは有りません。ソールは適度な硬さがあり、荷物の少ない小屋泊縦走で十分に使えます!
普段は近郊の低山~2000m級の山、夏だけ1~2回無雪期のアルプス登山をしたい。そのような人にお勧めです。

IMGP0063.JPG

靴作りの本場、イタリア製です。
vcf888888.JPG

ソールは張替ができるビブラムソールを使用しています。
1gb.JPG1vc2.JPG

縦走向きの靴と岩場向きの靴の違いの一つは、ソールの形状です。縦走向きの靴はつま先の上がり具合が大きく歩行時に足が前に出るのを助けてくれます。一方、岩場向きの靴はそれほど上がっていません。お店で左右で縦走向きと岩場向きを履いて歩くと凄く違いがわかります。是非お試しください。キネシスMF&ミトスMF GTXはもちろん縦走向きです。
nb58.JPGnb4.JPG
bgh78.JPG852n.JPG


キャラバン C1-02S メンズ&レディース

「キャラバンシューズ」登山をする方も、しない方もこの名前は、かなりの確率でご存知だと思います。「キャラバンシューズ」は日本の登山史に、その名前を刻んだ登山靴の代名詞です。1950年代に山岳協会の遠征隊の為に造られ、その後、登山ブームの追い風を受け広く普及し日本で一番名の知れた登山靴になったのです!そのキャラバンシューズのDNAを受け継いでいるのが、このC1-02Sなのです。日本メーカー「キャラバン」の代表モデルで、これから登山を始められる方や近郊の低山登山を楽しむ方にお勧めです。

8hdb5525.JPG

rr5af5.JPG

ソールはキャラバンオリジナルのトレックソール。張替可能です。
plm.JPGdsd7.JPG

幅広甲高の3Eの木型を採用。かなり広く、楽に履けます!ソールも柔らかく林道歩きや舗装道路でも楽に歩けます!
852bhvcrs.JPG7g5e.JPG

最近では珍しい平紐。抵抗があり緩みにくいのが特徴です。
uyrtebh8.JPG

懐かしのキャラバンシューズ!登山靴の原点です。
jhgfd558.jpg


スカルパ カイラッシュGTX レディース

登山靴の概念として靴底が硬く、重いイメージは誰しも持つと思います。しかしこのスカルパ「カイラッシュGTX」はその概念を覆してくれます!!しっかりしたホールド感、グリップ力が有りながら、驚きのしなやかさで、ものすごく歩くのが楽です。担ぐ荷物が軽量化され、登山道が整備された近年の登山にうってつけの一足です。脚力に自信が無い方にもお勧めです。
アッパー素材はスエードレザーを使いソールは張替ができるビブラムソールを使用。指関節で適度にしなるため、舗装道路や林道歩きも苦になりにくく、指関節をしっかり曲げてハイペースで歩く方にもお勧めです。日帰り登山から夏の小屋泊登山にお勧めのモデルです。
同じスカルパの「ミトスMF GTX」と比較すると、少し木型が細く、ソールも柔らかいです。

sckf%2C.JPG

ソールは張替の出来るビブラムソールです。
253h.JPG

手の力でも指関節でしなります。足指で蹴って歩ける為、普段通りに歩けます。
mkc84.JPG%3B4vg2d.JPG


グリスポーツ トファナ SP メンズ&レディース

ハイキングから日帰り登山向きの本革レザーシューズ、グリスポーツの「トファナ SP」のご紹介です。
グリスポーツはイタリアでは歴史のあるブランドですが、国内に入ってきたのが最近で、まだまだこれからのブランドですが、実際に履いた時の履き心地、使用している素材の良さからも自信をもってお勧めできモデルの一つです!オーソドックスな皮の色を使い飽きの来ないデザインになっています。靴の形は万人受けする広さは無いですが、足幅が普通から細い人、フィット感を重視される方は問題なく履けます。また足幅のある方も、素材が柔らかい為、意外に大丈夫!と言う方もいらっしゃいます。気になる方お試しください。

2vdf2v.JPG

ソールはビブラムソールを使用。張替は出来ないモデルになります。踵のソールの溝も深く、つま先もしっかりしています。
nbjvg2.JPG9544fa.JPG
m6m4g84.JPG5vd.JPG

創業が1977年で約40年の歴史が有ります!工場もイタリアにありイタリア製です!
nj25.JPGn52.JPG

防水フィルムは「シンパテックス社」のスポテックスを使用し雨の日でも安心です。
cvv5.JPGcvzdv7.JPG

トレクスタ MID GTX ライト メンズ&レディース

トレクスタはアウトドアシューズではアジア№1を誇るブランドです。本格的な登山靴ではなく軽量モデルが中心で、まさに今の時代の軽量登山靴の先駆け的ブランドです。ハイキングから日帰り登山にお勧めです。同じブランドのエボリューションと比較すると、より軽量でスリムなイメージです。雨の日の普段履きやキャンプ、スキーなどでも使い易いと思います。

kxbxd5.JPG
uythb.JPG
jhfdgh.JPG

靴紐、トップラインがお洒落で可愛いです!
zdx95.JPG

ソールはトレクスタオリジナルソールで張替は出来ませんが、グリップ力も良く、足指関節で曲がりやすく、近郊の低山登山にはもってこいです!林道、舗装道路も楽に歩けます。
58fs.JPG5c2sx.JPG

同じブランドのエボリューションと比較すると、足首の高さは低く、足幅はスリムになっています。
3saf.JPG84.JPG


トレクスタ エボリューションGTX メンズ&レディース

トレクスタはアウトドアシューズではアジア№1を誇るブランドです。本格的な登山靴ではなく軽量モデルが中心で、まさに今の時代の軽量登山靴の先駆け的ブランドです。関西周辺の日帰り登山や、富士登山、屋久島、四国お遍路さんなど比較的簡単な登山で使い易いモデルです。ヨシミスポーツでも長年取り扱い、沢山の方に選んで頂いたモデルです。
特徴は何といってもダントツの幅広甲高モデルで、登山靴未経験の方でも楽に履けるところです。ゴアテックスを使っているので防水性も安心で、お手頃な価格帯で非常に完成度の高いモデルです。
しっかりした靴を1足お持ちで、近郊の山ように考えるセカンドシューズとしてもお勧めです。夏山でアルプスも考えられる方は、もう少しソールの硬いモデルや足首の高さが高いモデルがお勧めです。

drv648.JPG

ソールはトレクスタオリジナルソールです。張替は出来ませんが、ソールに厚みがありグリップ力も十分にあります。
%3Bxf5.JPGc58xd.JPG

足首の高さは少し低めのミドルカットです。
vfcs5.JPG

横幅・甲の高さは、他のメーカーと比較すると一目瞭然です!
dccf5.JPGbgbbf.JPG

痛い靴の巾広げします。

痛い靴の 幅広げします。

hideki1%5B1%5D.jpg


☆ 小指 親指 くるぶし トップライン など 当たって痛い靴を履いていると、歩きが楽しくないばかりか、健康にも悪いですね!
ヨシミでは、日本で数台しかない自慢のチューンマシンを使い その場で靴の修理をします。
お気軽に御相談下さい。

注) 最近 ”中敷きで足のトラブル解決” 等をうたう店が増えてますが、
靴での傷みが中敷きで解決する事は まずありません。
やはり靴そのものを、修理するのが先です。

修理方法など詳しくは 靴の幅広げサイトをご覧下さい

カテゴリー

登山用品とスキーの専門店ヨシミバナー
www.yoshimisports.co.jp