« 熊野古道 山中渓~紀伊宮原 | 行事、ご案内等(36) | 甲山、四国山、高森山 »

ファイントラックコーナー 充実してます

何故 ヨシミがファイントラックを 皆さんにお勧めするのか?

安心確実丁寧の日本縫製にこだわり、又生地素材を独自開発し 特許も取っています。
他のブランドとは全く異なり ファイントラックのウェアはブランドで着るのではなく、実際に山で使えるウェアなのです!!今や圧倒的なまでに 山岳ガイドや登山ツアーの添乗員、登山のベテラン達に指示されています。品質にこだわるならファイントラックです。

L1 ドライレイヤーhttp://www.yoshimisports.co.jp/onlineshop/001/03/cat112/cat121/
ファイントラックのウェアレイヤリングの基本になる下着です。耐久撥水生地で水分を含まない為、汗冷えを防ぎ低体温症対策になります。
L1.JPG

L2 ベースレイヤーhttp://www.yoshimisports.co.jp/onlineshop/001/03/cat112/l_7/
ドライレイヤーの上に着るウェアです。吸汗速乾性に優れています。春夏秋はポリエステルやラミー素材、冬はウール素材の生地になっています。
L2.JPG

L22.JPG

L3 ミッドレイヤーhttp://www.yoshimisports.co.jp/onlineshop/001/03/cat112/cat119/
寒さ対策で着用する防寒ウェアになります。夏でも着れる薄手タイプから厳冬期対応の中綿入りタイプまでバリエーションが豊富です。
L33.JPG

L3.JPG

L4 ミッドシェルhttp://www.yoshimisports.co.jp/onlineshop/001/03/cat112/l_6/
生地表面に防風性を持たせたウィンドブレーカーです。ゴアテックス社の「ウィンドストッパー」を使用しているため内側の熱を逃がすこともできます。人気NO.1の高機能ウェアです。
L4.JPG

L5 アウターシェルhttp://www.yoshimisports.co.jp/onlineshop/001/03/cat112/cat123/
ファイントラックオリジナル素材「エバーブレス」使用。高い防水・透湿性素材では唯一のストレッチ性を持ち動きやすさは抜群です。軽量のレインウェアから厳冬期用のオーバージャケット・パンツまで揃っています。
L55.JPG

L5.JPG

パンツhttp://www.yoshimisports.co.jp/onlineshop/001/03/cat112/cat120/
細部までこだわった日本製パンツ。夏用パンツから冬用パンツまで揃っています。夏はハーフパンツも扱っています。
pantu.JPGpantu1.JPG

テント・シュラフ・ツエルトhttp://www.yoshimisports.co.jp/onlineshop/001/03/cat112/cat122/
超軽量日本製テント(カミナドーム)。実際に張ってますので大きさや広さを確認できます。新しい保温素材「ポリゴンネスト」を使ったシュラフ、緊急用のツエルトも揃っています。

tennto.JPG
syurafu.JPGtueruto.JPG

グローブ・ソックス・タオルhttp://www.yoshimisports.co.jp/onlineshop/001/03/cat112/finetrack/
手足を冷やさないインナーから、ウールのアウターまでソックス、グローブ揃っています。水が無くても汚れが落ちる「ナノタオル」もあります。

gurobu.JPGkutusita.JPGtaoru.JPG

ヨシミからのお断り
昨今、ファイントラックの人気とともに 大手量販チェーン店では全品展示のコーナー展開をするようになりました。一方、ヨシミスポーツでは、全商品展示はなく 店頭ではヨシミスポーツが関西のお客様の活動範囲を考慮した商品構成になっています。
ヨシミスポーツはファイントラック創設当初から販売をしており、生地の勉強会等を通して 商品に対して勉強をしておりますので是非ご相談ください。

ft%20setstmei.JPG
ファイントラックの生地の性能を実感、体感できるコーナーを設けています。お気軽にスタッフに声をかけて下さい。

私とファイントラック金山社長との出会いについて
金山社長は アウトドアブランド大手量販M社で商品開発をされていましたが、M社在住の折にソウルの縫製工場で度々お会いしました。そして約10年前に起業されて、ヨシミスポーツに営業に来られました。その時言われた企業ポリシーは今でも忘れません!!
それは・・・・・・

1) 本当に良い物をユーザーに提供したい。
2) 日本の縫製工場を大事にし、技術を守りたい。
3) お世話になってきた販売店を 大事にしたい。

直ぐに金山社長の熱い思い入れが伝わり扱うことを決めました。
そのポリシーは、消費者の皆様にも伝わり今の人気に繋がっていると思います。


プロフィール写真

検索

Site Info.

rssリンク

rssリーダーをお使いの方は、上のバナーのリンク先をご利用ください。

多くのアウトドア関連ブログも参加されているブログランキングです。

Valid XHTML 1.0 Transitional

Valid CSS!

Movable Type

空友のオフィシャルバナー
www.yoshimisports.co.jp

リンクはフリーですが、ごれんらくいただけましたら幸いです。