登山靴選びの注意点

        ☆ シューヒッターHIDEのアドバイス ☆
 靴を購入する際に 下記について特に注意して選んでください。 
最近量販店系では このような靴の進め方をするところがありますが、トラブルの原因になる場合が多いです。
しっかり自分のスタイルを見つめなおして靴選びをしてください。
<外反母趾気味の方には ランドラバーを巻いた靴は指横が痛くなります。>
goiai1.JPG
☆ ランドラバーは岩等 硬い突起物から靴を守りますが、 外反母趾気味の方の様に指骨が横に出っ張んている人には ラバーバンドが骨に当たり 間違いなしに 痛い痛いの トラブルの原因になります。
寒くなると更にラバーが締まり骨をグリグリと圧迫します。
足が大事か靴が大事か十分に考えてください。
<高級でカッコいいから 流行ってるからと テクニカル系の靴を 通常山歩きで使うのは 愚の骨頂 歩きずらくしんどいだけです。
gokai2.JPG
流行りのテクニカル系     
靴底が固くてたわみにくく 指関節がほとんど曲がらない 。 
歩き方というとスキーブーツを履いて歩くような バタバタした足さばきになります。
従って通常山歩きには 歩きずらいばかりで 疲れやすく良いことはありません。
gokai3.JPG
普通の靴
指関節がたわみ易く 指でけって歩けるので 足さばきもスムースで 通常登山に向いている。
通常山歩きの方は このような靴にしてください。
※ショップでは年に一回ぐらいアルプスに行くなどと言うと 上記のテクニカル系のカチカチ靴を進める場合が多いので要注意です。
又ガイドやリーダーによっては 自分の好みのカチカチ靴を 誰彼なしに買わせる者がいます、 これも要注意です。

<最初から別売中敷きに 敷き替える必要はありません。>

gokai4.JPG
☆ 新品の靴を選んだとき 決まり事の様に別売中敷きを売りつける店が多いです。
まずは元々の中敷きで歩いてください。
理由;; 別売中敷きは画像の様に 厚みが倍以上になり 全く別の靴になってしまいます。
これに変えると サイズがワンサイズ以上小い靴になり、 幅も何もかも窮屈な靴になります。
店に相談に来る人の多くが 別売中敷きを買わされています。
ショップ側がお客さんのために 親切ですすめているとは 全く思えません
注意してください。
<インソールだけの サイズ合わせは大間違いだ>
gokai5.JPG
☆ インソールの上に直接足を置いて 指先部に余裕があるから この靴はokだ なんて言うサイズ合わせは ありえない。
足は立体 靴も立体 どう考えたらこんなサイズの合わせ方ができるのか? その発想が不思議でたまらない。
相談に来る人の中に こんなサイズ合わせをされたという人がいます。
指が詰まって当たり どうしようもないです。
唯一の方法は 中敷きを抜いて歩くことです。