登山靴の足首部分をしっかり締める方法

登山靴は、捻挫の予防下山時に靴の中で足が前にズレるのを防ぐ為に「ハイカット」になっています。しかしハイカットの登山靴を履いていても、紐が緩いと全く意味をなしません。足首部分を締める事で安全に歩けるのです!

よく聞くのが、「自分ではしっかり締めているつもりなんですけど・・・」確かにしっかり締めて下さい!と言われれ、みんなしっかり締めます。ただ、人の感覚は千差万別、その感覚を共有するのは難しいです。そこで分かりやすく画像を載せておきます。登山靴と足首の周りに隙間が出来ないように締めて下さい。隙間があると隙間の分だけ足が前後左右に動きます。

隙間なく締めるポイント① 足首の角度

登山靴の紐を締める時、どんな体制で締めていますか?立った状態、ベンチに座った状態、地面に座った状態・・・。色んな状態があると思いますが、紐を締める時に「足首の角度」に注意をして見て下さい。足首の角度を90度より開いた状態で締めるようにして下さい。そうする事で、立ち上り足首が90度になった時、隙間なく締まります。逆に90度より閉じた状態で締めると、隙間が出来てしまいます。

どの角度が一番よく締まるのか、ご自身で色々試して頂き、自分の「丁度いい角度」を見つけて下さい。

隙間なく締めるポイント② 紐を引っ張る角度

足首の部分を締める時に「紐を引っ張る角度」に注意してみて下さい。登山靴に対して真横に引っ張って下さい。この時に靴紐の根本を持つとより引っ張り易くなります。

靴紐を横に引っ張るフックに掛ける左右の持ち手を変える靴紐を横に引っ張るフックに掛ける・・・この繰り返しです。

斜めや上に引っ張るとなかなか靴紐は締まってくれません。横・上・斜め、実際に引っ張って、締まり具合を実感して下さい。

最後に今回ご紹介しました締め方は、登山道で安全に歩くための一例です。行き帰りや林道歩き等は緩く締めた方が歩き易い場合も有ります。臨機応変に対応して下さい。