マインドル バキューム GTX メンズ&レディース ¥43000+税

久しぶりにドイツの老舗ブランド「マインドル」の登山靴を扱う事になりました!ヨシミスポーツでも10年ぶりぐらいです!ヌバックレザーを使った本格登山靴、「バキューム GTX」です。しっかりとしたソールの硬さもあり、夏山縦走・小屋泊・テント泊・残雪期登山(12本アイゼン装着)にお勧めです!独自のMFS(メモリーフォームシステム)による履き心地は試す価値有りです!
特に足首周りは負担が少なく、前傾角度も緩く直に立ち上がっているので長い縦走も楽に歩けます。

マインドルは実に300年以上(創業1683年)の歴史が有る、ヨーロッパでもかなり古い登山靴ブランドです。もちろんドイツ製で、間違いのない技術で作られています。300年の歴史のあるブランドって、ちょっとワクワクしますよね??ちなみに・・・・

ローバーは創業1923年、約100年ぐらい。スカルパは創業1938年、約80年ぐらいです。

男女で、革の色、ステッチの入り方など、若干違います。

MFS(メモリーフォームシステム)・・・メモリーフォームと言う素材を使い、紐を締めた時に靴をフィットさせる仕組み

メモリーフォームは低反発性、そして優れた衝撃吸収能力(衝撃を97%までも底付きなしで吸収します)を備えています。メモリーフォームは温かいものに触れて柔らかくなり、圧力を均一に分散し、しかも安定した流動性に富んだサポートを可能にします。さらに通気性があり、皮膚への刺激もなく、身体からの湿気や汗を発散させる為、医療用途や身体の接触部位用クッションにも使われる素材です。その優れた衝撃吸収特性は、静的負荷での形状を保持したまま、動的負荷に対しての衝撃保護を可能とします。インソールと足首周辺に使用しています。

バキュームGTXと同じようなレベルの登山靴で、比較対象に挙げるなら「ローバー タホープロ」「スカルパ キネシスプロ」この2足です。感覚としては、足幅、ソールの指関節の屈曲が、丁度タホープロとキネシスプロの間ぐらいです。