鶏龍山 ケリョン山

ke5.JPG
ケリョン山と読み 国立公園になる
大田市の西にある有名な景勝地
山麓には 高麗時代からの東鶴寺 甲寺など名刹が多く、観光地としても有名である
標高は860m 岩稜向きだし 細い蟻の戸渡りの様な稜線歩きが魅力
一日6時間ぐらいでゆっくり楽しめる。
門前町は渓谷沿いにあり とても風情がある。
バスの便も大変多く 気軽に訪れることが出来る。
又 歴史的観光だが 大田附近には 百済時代の遺跡がおおくあり、歴史ファンならずとも、興味を惹かれる物がある。
☆武寧王稜 
世界的にも有名 見学可能な物はレプリカになるが、見学すると 日本の古墳群(鎌足の墓と言われている大阪高槻アブ山古墳から出土した物など)と酷似し 半島文化が日本にもたらした影響が伺える。
☆新羅によって滅亡した 百済最後の都 公州 プヨ 等が近在にあり 特に新羅軍に攻められ、宮廷女官が身を投げた岸壁 白馬江は是非一緒に訪れてもらいたい。


ke4.JPG 学術都市大田市の市外バスターミナル ここからインチョン空港行きのバスがある、空港から4時間ぐらいでここまではいることが出来る。
新幹線KTXを利用すれば、釜山、全州などへも鉄道の旅が楽しめる。
keiryon1a.jpg 名刹東鶴寺の風景 奥に見えるのがケリョン山 渓流風景を楽しめる
kei1.JPG ウンソン瀑布 今は冬枯れしている 
ke2.JPG 観音峰の展望 ここから甲寺など多方面にコースが取れる
ke5.JPG 恐竜稜線と私 シンソン台方面を見る。 鉄階段には雪と氷が張り付き 嫌な雰囲気だった。
ke3.JPG 蟻の戸渡り 恐竜稜線縦走路 見た目よりは安全だが 油断禁物だ 
ke6.JPG  山中にある新羅時代の石塔 男女塔 
交通手段>
インチョン国際空港より>高速バスで大田市へ→タクシーでケリョン山バスターミナルへ25000ウォン
もしくわ 路線バスで、40分。
登山口は旅館街から直ぐ