登山靴のサイズ合わせ

登山靴のサイズ合わせは非常に難しいです。登山の専門のお店でも個々のお店の合わせ方が有り、勧め方があります。またお客様の靴を履いた時の感じ方も千差万別です。今回は、ヨシミスポーツの基本になる「サイズ合わせの方法」や「ひもの締め方」「チェックの方法」などをご紹介します。※ご来店頂いたお客様には、この方法に合わせ、「どいう目的の登山なのか?」「経験値や使用回数?」「今後どういう登山をしたいのか?」等々、足の計測だけでは分からない情報をお伺いし、ベストな1足を決定していきます!この数字で分からない情報が実は一番大事です!

①足のサイズをチェックします

靴下を履いた状態(登山をする時の厚み)で計測します。普段履いている靴下があればご持参して頂くと助かります。無い方は店頭に試着サンプルのご用意があります。靴下を履いたら、計測版に必ず両足で立って計ります。左右の大きさが違う方もいます。また立つことで、体重が乗り足の形が変化します。足は平面ではなく、立体なので長さだけでは無く、ボリューム感や骨の出かたも確認致します。場合により足を直接触り、見させて頂いています。

靴下のうんちく・・・「靴下は2枚ばきだ!」この言葉、聞いた事ありますよね?この言葉が生まれたのには理由があります。その昔、登山靴が片足1キロ以上もあった時代、重くて硬くて足に馴染まない登山靴から、足を守る為に靴下を2枚履いた。と言うのが始まりらしいです。しかし今の登山靴は、革でも柔らかく軽い、そしてソールのクッションも効いている。さらに中敷きも入っている。(大昔は入っていなかった)靴下は1枚で履くように設計されています。

※5本指ソックスを履く方やどうしても2枚履きたいと言う方はサイズ合わせの前にご相談下さい。

②指1本入るかをチェックをします

登山靴に足を入れ、紐を締めてない状態で足先を前に送り、踵に指が1本入るかをチェックします。この時に前に送った指先が曲がっていてはダメ!指は伸びた状態で!踵に指が1本入る余裕が無いと下りの時に爪が剥がれたり、内出血で爪が黒くなる危険があります。余裕があれば、今度は足を踵に合わせます。そうすると爪の先に余裕が出来ます。

kutuawa05.jpg
踵をしっかりヒールカウンターに着けて、ひもを締めます
⑤傾斜台で指先が当たらないか チェックします。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぐるぐる回って 靴内部で足裏がズレたりしないか確認します。
※余裕が有り過ぎると 靴中で足がズレたりします。
登山での大下りでは指先を痛めます。要チェックポイントです。
⑥指付け根の違和感チェック 踵の浮き等を歩いてチェック。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

階段を上がり下がりして フィット感をチェックします。
アッパー素材が指関節に異様に当たらないか チェックします。
⑦どうしても当たる場合は ヨシミ自慢の幅広げ機械で幅広げします。

 

 

☆ 自分の足サイズを ショップでもう一度計ってもらってください。
意外と信じているサイズより異なることが 多いですので 励行してください。
※ サイズ計測は アナログ風の方が良いです。 店によってマシーンで計ろうとしますが、目で見てもらい 触診してもら店の方が信頼が置けます。 プロならば 大体 足を見て触れば 本当は直ぐに 貴方の足型は解ります。
☆ 靴の表示サイズは あくまで目安です。
○ たとえば26cmと書いている表示サイズでも ブランドによって全く履いた感じが異なり、又同じブランドでも アイテムやジャンルによっても 全くサイズ感が異なるので 必ずその靴の両足を履いて一足一足フィット感を確かめてください。 服などで考えたら容易に理解出来るのですが、あのブランドは細め ゆったり目が有りますね それと同じです。
☆ 下駄型の四角い幅広靴は 山では足裁きが悪くて 歩きにくい
幅広すぎる靴は 店内などの平面では楽でよいですが 実際山へ行き 木の根 岩の上 狭い足がかり等の 不安定な場所では 靴中で足がズレて動き とても不安定で歩き辛いです。その上足サバキが悪いので 疲れて 難所などでは危ないことも多くなります。
☆ 夕方が一番足が 浮腫むから 靴あわせは夕方が良いは100%では無い。
一般的には 朝方が一番足は浮腫んでいます。
事務職でず~と座っている人 ず~と立ったままの人は夕方が浮腫みますが、一般的には歩いたり行動すると ふくらはぎのミルキング動作で血流が良くなり それほど浮腫んだりはしません。

<<一考察>>
正直 いつも靴合わせは難しいと感じております。
日々勉強の毎日と思っております。
特に指関節裏の痛みは 単なるサイズ合わせではなく、ユーザーがどんな靴で歩いてこられたか?が大きなポイントになります。
良い例が 指関節部が良くたわんで、かなり柔らかい靴を履いてこられた方は、新しく軟らか目のビブラム底登山靴を履いた場合でも
kutuawa11.jpg
親指部(特に親指骨裏部)が凄く痛く感じて、歩くのも辛いときがあります。
おまけに指付け根部に余裕が無い場合は、プラスされて痛みを感じます。
コレは底材のたわみ堅さが ユーザーに合わない から生じる問題です。
中敷きを良いのに交換すれば 解決するというSHOPがありますが、中敷きだけでは、この痛みの解決は、困難です
<3E 4E の E の誤解について>
お客さんの声で ”私は4Eだ! 幅広の足だから4Eの靴を下さい” と言うのが良くあります。
実はEは単なる足幅ではありません。
ashi%EF%BC%91.JPG
上図を見て下さい。
Eは足囲い と言いまして、親指と小指の円周サイズです。
ashi%EF%BC%92.JPG
円周サイズですから 同じ4Eサイズでも ①甲の高い人で幅の狭い人 ②甲の低い人で幅の広い人、平べったい足の人 が有ります。
決して幅広=4Eではないので、ご注意下さい
☆また反対に 靴を見る方からも言えることがあって、S社の3E、4E、靴は典型的な”薄平ったい”沓形を使っています。
sio.JPG
甲の高い人、親指部骨のゴツイ人は 合わせにくい場合が多いので ご注意下さい。
☆靴下 一枚派? 2枚派? 五本指を中に履く派?
靴あわせで一番最初に直面するこの問題は 本当は正解がありません。
☆ < 当たって痛い靴の修理について > ☆
     <お持ち込みについての 注意事項>
1) 下記ような靴は 修理をお断りしますので ご注意下さい
汚れの酷い靴、臭いがキツイ靴、手入れの悪い靴。
2) モラルとして 充分 綺麗にして 持ってきて下さい。
3) 他にお客様がおられる場合は 作業の順番をお待ちください。お願いします。
4) 新しい靴は 4~5回履き慣らして 尚かつ痛いと言う状態でお持ち込み下さい。
理由=新しい間は毎回履いた感じが変化します。まず慣らす事が大事です