登山用具のお手入れについて

☆登山用ステッキ ポールの お手入れ方法
一番大事なことは、帰ってきたら しっかり水分を拭き取ることです。
この場合 伸ばして拭くだけでなく 全部バラバラにして拭くのがポイントです。
画像のように
pole.mente1.jpg 
バラバラにしてしっかり水分や汚れを拭き取って下さい。
この際の留意点は 直ぐ元に戻さないで 2~3日 内部迄 良く乾く様に このまま置いておくことです。
pole.mente2.jpg
理由は ポール内部が濡れていると、このパーツがカビが付いて 空回りしたり 動かなく成ったりしてきます。 トラブルの原因は大半この理由が起因しています。
殆どのトラブルはこの保管お手入れ方法で解決できます。
☆登山靴のお手入れ方法
①中敷きを取り出して、木の葉などゴミを出しましょう
kututeire1.JPG
②中敷きを乾かしましょう
kututeire2.JPG
中敷きは結構濡れてます 意外とチェックです
③陰干ししましょう
kututeire3.JPG
直射日光は避けて下さい
④ブラッシングしましょう
kututeire4.JPG
充分乾いたら、ブラシで汚れを取ります。
⑤靴用栄養防水スプレーをかけましょう
kututeire5.JPG
この時注意点は、ウエアー用の防水撥水スプレーは革が痛むので、使用しないで下さい。
⑥銀革靴には靴クリームを使用します。
kututeire6.JPG
この時注意点は 指に少量取り 少しずつ丁寧に塗ってあげて下さい。ベットリ塗り込むのは厳禁です。
kututeire12.JPG
ウエースでしっかり磨き込んで下さい。
☆☆ 靴の水掛石鹸丸洗いは、革と内蔵されている防水被膜(メンブレム)が痛みますので出来るだけ避けて下さい。
kututeire14.JPG
革靴専用の洗剤があります。コレをご使用下さい
kututeire13.JPG
吹き付けると泡と共に 汚れが浮いてきますので、拭き取って下さい
<<お手入れ用品の例>>
①靴専用栄養防水スプレー
mente.goods1.jpg
ヌバック革用 と 革+ナイロン用があります。
吹き付ける際には 靴を 濡れスポンジか濡れぞうきんで 湿らせておくと 効率よく染み込みます
②銀革用靴クリーム
mente.goods2.jpg
洗剤>>水スポンジにクリームを染み込ませて 塗ります。
暫くすると泡だち 汚れが浮いてきます。コレをウエースで拭き取ります。
栄養クリーム と 防水クリームがあります
③ブラッシング用品
mente.goods3.jpg
ヌバック革用 革+ナイロン用など有ります。
<登山靴の保管方法>最近靴底のハガレが多いですが 保管方法と多く関係しています。
間違った保管方法は 靴底の劣化を促進してしまいます。
①靴箱に入れて保管しない
②ビニールに入れて保管しない
③車や 倉庫(温度、湿度が高い所)で保管しない
では どんな所がよいか?
①通気性が良く 温度が高くない場所 空調があるところ 
例>>自分の部屋 下駄箱の上 玄関 
wetproof%20spray.JPG

※防水スプレーはしっかりかけ 素材表面がいつも水を弾くように保ってください。

撥水能力が落ちた 靴 雨具 ザックカバー スパッツ は水が内側に伝ってきます。
よくある質問)
※この靴買ってまだ間がないのに 水漏れして靴中が びしょびしょなるの~
※この雨具 もう漏水してきて 裏側がビショビショ
こんな話よくあります
でも 素材の問題が全てとは限らず お手入れが悪い場合から発生するトラブルもままあります。
でわ これから詳しく説明しますので 読んでください
☆ 表面素材が水を弾かなくなる→ 素材繊維が水を含む 靴なら中のスポンジまで水を含む → 含まれた飽和状態の水は行くところが無いので 素材を伝い 繊維の内側 靴の内側に回り込み 内部が水でグチョグチョになります
☆ 雨具ズボンのスソ レインスパッツ等は 特に水を強く弾くように 常に撥水スプレーをかけてください
水を弾かないと 雨具から直接 トレッキングパンツに水が浸み込み その水は靴下を伝って靴内部に浸透します。
こうなると防水フィルム入りの靴も水を防ぐことは無理です。
  お手入れが悪い理由で 内側が水で濡れてしまい 正常な物でもクレーム品と誤解する場合がままあります。
レインウエアーの手入れ
雨の日はカッパもドロドロになりますね。
昔は洗濯機で廻すのは シームテープが剥がれるので厳禁でした。
現在は可能になりましたが、いつも洗濯機でガンガン洗うのは矢張り控えたい物です。
では どうするか?
A ウエースに洗剤を付けて 裏も表も 丁寧に汚れを拭き取る その後水ぶきする
B 風呂桶 ぬるま湯に 洗剤を入れ カッパをひたしながら洗う その後水ぶきする 
C 面倒なときは 洗濯機です。しかし防水素材当然 水を通しませんので 裏表はあまり綺麗になりません。
洗った後は?
① 撥水スプレイをかけて 乾かす ( 広い部屋 通気性の良い所でして下さい)
☆保管について
 収納袋に入れて保管すると、生地が傷みやすいです。 普段はハンガーに掛けて 置いておいて下さい。
20101110a1.JPG
☆低温アイロンをかけたら 表面生地の撥水能力が戻ります。
アイロンをかけると 寝た毛が立ち上がり 水滴が染みこみにくい状態に戻ります。
20101110a2.JPG
洗濯方法について
最近流行のアウトドア用洗剤で お勧めで無い物があるので 気を付けてください
お勧めでない洗剤 →強アルカリ成分の洗剤
理由: ゴアテックスなど防水被膜を劣化させていきますので 使わないことをお勧めします
お勧めの洗剤は ウタマロ リキッドのような 色々な成分が入っていないシンプルな洗剤です。
手洗い洗濯はダメ  洗濯機でしっかり濯いでください
手洗い洗濯がダメな理由は 洗剤がしっかり落ちないで撥水性がガタ落ちになるからです
IMGP0043aa.jpg