毎朝のルーティーン 靴磨き

1階の登山靴の売場に「WAX加工」をした登山靴を置いています。ご自由に触って頂いて大丈夫です。毎朝のルーティーンとして、光沢が出るように磨いているので、触ってもベタベタしないレベルまで来ています。自画自賛の仕上がりです。笑

SNSやYouTubeでも「WAX加工」の動画はよく見かけます。どのようなメンテナンスグッズを使えばいいのか?何回磨けばいいのか? 恐らく答えは無いです!すごい高いWAXもありますし、お安いWAXも有ります。磨きは3回と言う人もいれば10回と言う人もいます。WAX加工は奥が深いです。

ヨシミスポーツでは、高価なWAXは置いていないです。でも画像の¥1540のWAXでもそこそこ仕上がります!今回はWAX加工の一例として簡単な方法をご紹介します。

①登山靴の汚れが落ちた状態からスタート(必ずブラシや水洗いで汚れを落として下さい)

②安い物で良いのでレザー用のWAXを用意(必ず防水効果のある物。栄養だけは駄目です。)

③1円玉ぐらいの少量のWAXを指でむらなく塗る(塗りすぎると余分なWAXが残りベタベタします。少量を塗って足らなければ少しづつ足して下さい。ブラシは必要ないです。指で塗って下さい)

④乾いた布(綿100%の目の細かい物)で乾拭きをする(靴に軽く当て、素早く動かし摩擦熱を与える感じ)※布は古いTシャツで良い

※③の後にベタベタがひどい場合はWAXの塗りすぎです。濡れた布(綿100%の目の細かい物)を一定方向(後➜前)に動かし余分なWAXを削ぎ落として下さい。

※光沢を出すなら④の工程を毎日1分〜2分で良いので繰り返して下さい。