ワンタッチアイゼンはワンタッチで装着できる??

12本爪アイゼンには、大きく分けて3つのタイプがあります。

①ワンタッチ ②セミワンタッチ ③ストラップ これは登山靴にどのような方法で固定するかを表したものです。この呼び方自体、総称で、各メーカー共通の呼び方ではありませんが、多くのお店や利用者の中では、この呼び方で通じます。

なので、言葉だけが先行し、「ワンタッチで付くアイゼン下さい」「このアイゼンワンタッチで付くんですよね?」と間違った認識の方もいます。恐らくイメージは、スキー板を履くように踏みつければ装着できる!と言う認識だと思います。

最初の画像の様に「ワンタッチ」のアイゼンにも紐が付いています。紐で締め上げる必要があります。そして、①ワンタッチ ②セミワンタッチ ③ストラップ それぞれ使える登山靴と特徴があります。

①ワンタッチ・・・使える登山靴は、「コバ」と言う段差がつま先と踵にある登山靴です。特徴は、コバにしっかりアイゼンがハマりますので、前後のズレが少なく固定力があります。雪山歩行はもちろん、前爪を使う急斜面やアイスクライミングでも使用できます。(前後にズレにくいので前爪に力が伝わりやすい)

②セミワンタッチ・・・使える登山靴は、後ろにコバがある登山靴です。特徴は、中綿入り登山靴以外にも、アルパイン系の登山靴にも使える所です。

③ストラップ・・・使える登山靴は、コバの有無に関係なく使えます。(ただしある程度のソールの硬さが必要)特徴は、登山靴を選ばず、革靴、アルパイン系、中綿入り全ての登山靴に使える所です。

ワンタッチ➡セミワンタッチ➡ストラップの順で、ハードな使い方が出来ます。どのタイプも雪山歩行を中心に使って頂けます。そこから派生し、アイスクライミングやミックスルート等ハードな使用を考えるなら、固定力の強いタイプ、よりしっかりした登山靴が必要になってきます。

因みに価格は、どのタイプでも同じ価格です。

グリベル エアーテックEVOシリーズ ワンタッチ・セミワンタッチ・ストラップ ¥25300税込

ブラックダヤモンド セラックシリーズ ワンタッチ・セミワンタッチ・ストラップ ¥30140税込