ローバー・マインドル・スカルパの3社革靴比較!

11月末から革靴の需要が伸びています。やはり寒くなる10本や12本のアイゼンが付く靴、しっかりした革靴を求める方が増えます。1足あれば、無雪期の縦走登山から残雪期や降雪の少ない雪山で使えます!

ヨシミスポーツでは「ローバー」「マインドル」「スカルパ」の3社の革靴を取り扱っています。メーカーのホームページやカタログに商品説明は載っていますが、他社との比較はありません。そこで、ヨシミスポーツの見解になりますが、この3社の革靴の良い所を書き出してみました!

ローバー「タホープロⅡ」・・・人気が有ります。1度は履いてみたい憧れの1足です。日本でしか販売されていないモデルで日本で売る為に企画された登山靴です。画像でも分かるように3社の中では一番幅広甲高で内部の空間が広いです。ソールの硬さ、革の硬さも3社の中では一番硬いです。その他、ベロ部分にズレ防止のローバーオリジナル金具が付いています。

「木型」一番広い 「重量」一番重い 「価格」二番目 「硬さ」一番硬い 「人気」一番ある

マインドル「バキュームTOP」・・・1683年からある338年の歴史がある超老舗ブランド。3社の中で一番重量が軽くソール・足首部分に低反発素材を使用した優しい履き心地が特徴。幅、ソールの硬さは3社の中では真中です。良いメーカーですが他の2社に比べ扱っているお店が少なくレアなメーカーです。人とかぶりたくないと言う方は試す価値有りです。

「木型」二番目 「重量」一番軽い 「価格」一番高い 「硬さ」二番目 「人気」三番目

スカルパ「キネシスプロ」・・・薄利多売がモットーの代理店の為、価格設定がダントツに安い!3社の中では1番フィット感がありピッタリ履きたい方にお勧めです。ソール・革にしなやかさがあり最初から履き馴染むイメージです。足首の内側まで皮を使用しています。つま先の上まであるラバーは、傷対策には有難いです。

「木型」一番狭い 「重量」二番目 「価格」一番安い 「硬さ」一番柔らかい 「人気」二番目

三者三様、良い所悪い所、お求めの条件に合う合わないはあるかと思います。いずれの3社もヨーロッパのメーカーですが、日本向けの木型を採用しています。是非、履き比べてご自身に合う一足を見つけて下さい!サイズ選び、履き方など店頭でサポートさせて頂きます!