ドライレイヤーは手洗いNG!

祝日の為、木曜日ですが営業しています!19時までの営業になります。そして、明日の金曜日が振替でお休みになります。お間違えの無い様にお願い致します。

先日、お客様と話していると・・・

「山のウェアは高いからねぇ・・・大事に使わないと!下着は薄いから特に大事に手洗いしてるんですよ!」

ちょっと待ってください!!手洗いはNGです! 手洗いマークの付いているシルクやウール等、生地のダメージを考慮し手洗いを勧めている物もありますが、最近多いドライレイヤーと言われる「体を冷やさない為の下着」は手洗いより洗濯機を使って下さい。

ヨシミスポーツで扱っている、ファイントラックのドライレイヤー(メッシュの下着)を例にとると、洗濯ネットに入れて洗濯機で洗うのが正解です。他の洗濯物との接触で、引っ掛けや毛羽立ちを起こさないように洗濯ネットに入れます。ネットの中に色んな洗濯物を入れるのもNG。大きすぎるネットもNGで、折りたたんで丁度入るネットを選んでください。

では何故手洗いがNGなのか!洗うと言う行為より「すすぐ」と言う行為がNGです。どうしても洗濯機のすすぐ能力にくらべ、手でのすすぎは弱く洗剤をすすぎきれない事があるからです。残留した洗剤はドライレイヤーの撥水力を低下させてしまいます。

「大事な物は手洗い!」私の母親も言っていました。考え方は間違っていませんが、今のドライレイヤーは洗濯機で洗う事で能力を保てます。もし手洗いをされていた方は、次から洗濯機でお願いします!

後、洗濯時に柔軟剤は入れないで下さい。これも能力低下の原因になります。ファイントラックから汚れ落としに特化した洗剤「オールウォッシュ」も発売されています。またドライレイヤーのはっ水能力を復活させる「ウォーターリペル」もお勧めです!