スカルパ モンブランプロ メンズ&レディース ¥53000+税

ヨシミ価格:ヨシミ会員ご入会でさらにお得!現金払いで5%OFFになります。

冬靴(雪山登山靴)と普通の登山靴の違いは何か?一言で言えば中綿が入っているかいないかです。一般的に中綿の入っていない登山靴を3シーズンモデルと言います。もちろん最近の登山靴はゴアテックスが入っていますので、雪の中を歩いても入ることはありません。しかし温度は伝わりますので、だんだんと冷たくなってきます。中綿が入っている冬靴は冷たくなるのが遅いので長時間雪の中を歩行できるのです。(ワンタッチアイゼン対応の靴でも綿の入っていない登山靴は3シーズンモデルです)

今回は、スカルパの冬靴のご紹介です。モンブランプロは、ばっちりフィットするソックタイプ。踵のホールドが抜群でソールの硬い登山靴にありがちな踵が浮くという不満が激減しました。また雪がとても入りにくい足首構造です。これもウレシイですね♪ 冬靴はメーカーの在庫数も少なくすぐに在庫がなくなります、お考えの方はお早めに!

男性・・・オレンジ 女性・・・ブルー

qwz4v8.JPG

つま先、踵のコバがありますので「ワンタッチアイゼン」が装着可能です。
8bvf.JPGggg885dc.JPG5gds54.JPG

足首部分の締め方は、①足首以外の紐を締めます。②足首ゲイターのボタンをとめる③ゲイターの上から足首部分の紐を締める。
bb5avs54.JPG88a4v8asf.JPG1v14d.JPG

 

冬靴あるある
冬の時期になると、「冬靴を下さい!!」と言ってご来店される方が増えます。登山の業界では冬靴=中綿入りの靴です。なので「こちらです!」とご案内すると・・・・「えーーー!!こんなんじゃなくて・・・・金剛山なんですけど」と言うやり取りが多々あります。
ではこのモンブランプロはどこの雪山で必要なのか??もちろん金剛山ではいらないです。関西で有名な冬の山、高見山・三峰山、このクラスでもいらないです。 少し標高が上がって、大峰・比良・伊吹山・大山、このクラスになると天気・時期・何人で登るのか?などにより変わってきます。トレースが付いていて雪の上を歩くだけなら必要ないですが、トレースがなく、足が埋まるような状態で長時間歩く場合は、普通の登山靴より綿入りの方がいいでしょう。後は、先々の冬山での使用頻度、どんな山を目指してるのかなども必要かどうかの判断になります。
※あくまでお店の意見として参考にしてください。