スカルパ モヒートとモヒートGTXの比較

スカルパ「モヒート」のゴアテックスバージョンの取り扱いを開始しました!ゴアテック無しの「モヒート」とゴアテック有りの「モヒートGTX」どちらが良いのか比較してみました!

見た目のデザインはステッチの入り方からラバーの巻き方まで同じです。靴紐の質感が若干違います。モヒートの方はナイロンが多いのか柔らかくて少し伸縮があります。モヒートGTXの紐は、綿のようなしっかり感があります。どちらも表面素材はスエード革です。

価格 モヒート¥16000+税 モヒートGTX¥18500+税

ソールはビブラム社のソールですが、パターンが違います。モヒートは発売当初、アプローチシューズと言う位置付けだったので、つま先はフラットなパターンになっています。その後、普段履きやハイキングなどで使う方が増え、アプローチシューズとしてのイメージは薄れていったのですが、ソールパターンは変更なくそのままです。モヒートGTXは、よりアウトドアで使い易い溝の有るパターンになっています。普段履きならどちらでもいいですが、山歩きやハイキングで使用するならモヒートGTXの方が滑りにくいでしょう!後、モヒートGTXの方がソールのたわみ、捻じれはしっかりしていて、少し硬いイメージです。

やはりゴアテックを使用すると若干重くなります。サイズは40サイズ(25.5cm)

この構造の違いが一番知って頂きたいポイントです!ゴアテックス有りのモヒートGTXは甲の生地と側面の生地がつながっています。水が入らない様に、登山靴と同じ造りになっています。一方、モヒートは甲の生地と側面の生地は繋がっていません。当然、水は浸入してきます。防水スプレーを降っても入ってきます。しかしこの隙間が、熱・湿気を逃がし靴内温度の上昇を抑えてくれます。間違いなくモヒートの方が蒸れにくいです。よくゴアテックスは通気があるから蒸れない!と言う方がいますが、あくまで防水素材の中では一番蒸れないと言うだけです。

自分で使うなら、普段履きならモヒート、アウトドアならモヒートGTXと言ったところでしょうか?皆様はいかがでしょうか??