インソール(中敷き)

ヨシミ価格:ヨシミ会員ご入会でさらにお得!現金払いで7%OFFになります。

インソール(中敷き)・・・昔はインソールを入れる事はほとんど無かったのですが、靴の種類が増え、足のトラブルが増えるにつれて、インソールの問い合わせ・相談は増えました。
インソールは入れた方がいいのか? どのインソールがいいのか? 答えは一つではないです。入れた方が良い場合もありますし、駄目な場合もあります。また入れる目的は何なのか?クッションが欲しいのか?サポートが欲しいのか?それにより入れるインソールも変わってきます。
インソールを入れる事で、足のサポート・疲れ軽減・バランス力アップ・冷え防止・ずれ防止など色々効果は有ります。しかし、入れれば良いというわけではありません。ちょっとインソールの注意点について書きます。
インソールには必ず靴との相性があります!靴ありきのインソールです!駄目な靴がインソールを入れるだけで劇的によくなる事は無いです。インソールを購入されるときは必ず靴を持参いただき合わせることをお勧めします。さらに別売のインソールは付属のインソールに比べ肉厚な物が多く、インソールを変える事で窮屈になる場合もあります。実はこの相談が一番多く、「足があたって痛いので靴を広げて欲しい」そう言うお客さんの靴には、かなりの確率で分厚いインソールが入っています。中には2枚入れてる方も・・・・。インソールを入れて痛くなり靴の巾を広げる。正直、本末転倒です。

①ソフソール エアーオーソテックプラス ¥2980+税 ハイボリューム、ハイクッションの中敷きになります。サイズが大きくて中で足がズレる方やクッション重視の方にお勧め。かかと部分にエアーが入っています。

②アシサプリ ウォーキング ¥2600+税 アーチ部分に硬質のプラスチックを使ったモデル。踵のカップも立体的で踵のおさまりも良い。あまり肉厚ではないので色々な靴に試せそうです。

③スカルパ コンフォートフィット ¥1300+税 全体的に柔らかい薄い手タイプ。靴が窮屈で薄いインソールが欲しい方に。