「重登山靴」のソール張替やってます!

今日は朝から雨ですねぇ・・・もう梅雨入りでしょうか?

ゴールデンウィークが終わった頃から「登山靴のソール張替」の修理が多くなってきています。修理期間が1ヵ月かかりますから、お盆休みで使う方はお早めに!ソール張替の修理は、お預かりし各メーカーの国内修理工場に出しています。

先日、お客様から、「靴のソールを張り替えて欲しいんやけど、もうメーカーも無いしあかんよなぁ?」とお尋ねが有りました。拝見すると、立派な革の登山靴でした。「重登山靴」「出し縫い靴」と言われる登山靴です。今はほとんど店頭で見かける事はありませんが、ヨシミスポーツでも20年ぐらい前までは販売していた記憶が有ります。以前は国産の重登山靴メーカーがあり、各ショップがオリジナルの重登山靴を販売していました。ヨシミスポーツのオリジナル重登山靴も有りました!

話を戻します。メーカーが無くなった「重登山靴」も修理が出来ます。登山靴のソール張替を専門に行っている契約工場が有ります。ちゃんとビブラムソールが付きます。画像の黒い部分が「ソール」になるのですが、「ソール」を剥がした時に「中板」まで損傷していると「中板」を止めている「縫い糸」まで交換になります。

修理代は約¥16500から¥22000税込ぐらいです。

今は重量の軽い靴が多くなりましたが、「重登山靴」の安定感、安心感、耐久性、突破力は履いた人にしか分からない魅力です!メーカーが無くなり修理が出来ないと諦めていたお客様!是非お持ち下さい。

※靴の状態により修理不可の場合も有ります。ご理解ください。